交通事故慰謝料で示談を完璧に進めるには?

交通事故慰謝料を取る!

サイトトップ > 弁護士に交通 事故案件を頼むと、、

弁護士に交通 事故案件を頼むと、、

交通事故を起こしたときにまず謝罪しろという意見があるが、現実的ではない。謝罪すれば非を認めることになり賠償責任が発生する。「悪いことしたな」と思えば腹を切っているのが日本的「武士道的精神」だが、法律や保険の世界ではそのような情緒的なことが通じない。

謝罪をすると保険会社が事故の処理をする上で困るのだ。だから保険会社は「勝手に謝罪をしたり示談金を払ったりしてはいけない」ことをクライアントに言う。
事故を起こしたときに保険会社に電話すればその内容はたぶん録音されているだろうし、後日保険会社から請け負った調査員が来て色々と当事者から事情を聞く。

たぶんこの程度の事故なら業務上過失障害の容疑がかかっても起訴猶予となり免許にも傷がつかないのではないだろうか。

ブログの文章がどうも違和感があるのは不思議である。事務所の誰か推敲してやらなかったのかな?謝罪の文章って難しいのだが、名は体を現すというが向井理は理系だったはず。

ほとんどの事故被害者が、治療や後遺症に悩まされているのに、、、、

保険会社との示談交渉で悔しい思いをしたり、、、
ひどい場合は、全く慰謝料が取れないまま泣き寝入りさせられる
のです。

一旦示談が成立してしまえば、もうどうしようもありません。
そうならないように、出来るだけ多く慰謝料を正当にもらうための知識をつけましょう。

>>>>>多く慰謝料を貰う方法はこちらから




交通 事故 損害賠償請求をするなら一覧